大曲花火大会@夏休みマイ桟敷席

秋田県の大曲花火大会は雄物川河畔で開催される♪全国の花火師が目標とする日本一格の高い大会!
夏休みのイベントや思い出には最高!大曲の名物【大ワイドスターマイン】を目に焼き付けよう♪
大曲花火大会@夏休みマイ桟敷席トップ

大曲花火大会 穴場スポット

選抜された花火師が腕を競う大曲花火大会は秋田県の名物の1つと言っても過言ではないでしょう。昼の部、夜の部とありますが、昼の部と言っても午後5時から夜の部は午後6時50分からの予定となっています。大曲橋下流の雄物川の右岸側が開催場所となっています。ロケーションスポットはやはり、河川敷でしょうか。通常は少し離れて見ると日本の風情を感じられる打ち上げ花火ですが、大曲花火大会は花火師たちの競う迫力も近ければ感じられるので、臨機応変に河川敷で場所を見つけるか、桟敷席をおさえるか事前に調べておきましょう♪

【商品説明抜粋】明治43年から始まり、全国の一流花火師たちの最高傑作が集結する花火芸術の最高峰「大曲全国花火競技大会」。本作では、NHKが10年に渡ってハイビジョン撮影した中から、選りすぐりの花火の映像を収録。

大曲花火大会 観覧席 桟敷席

場所取りは一般席や桟敷席などのチケット販売や場所取りはそりゃもう大変のようです。少なくとも半日前から並ぶ人もいるそうですので、遠方から行く旅行者にとったら、難しい選択ですので動きながらのポイントを見つけるのがいいかもしれませんね。それか、どんな花火大会でも同じですが、少し離れた高層の建物や宿泊ホテルまたは、小高山などをポイントに観覧するのもよいかもしれません。


大曲花火大会 宿泊

ご家族やお仲間で動かれる場合はツアーで行くのがいいでしょうし、目的が他にある場合はとにかく宿泊場所を押さえていおかなければ、遠方者や帰りの混雑が嫌な方は辛いでね。
JR秋田駅から徒歩圏内だと、ホテルメトロポリタン秋田や秋田ビューホテル。JR角館駅隣接からはフォルクローロ角館がいいかもしれませんね!チェックしてみてください♪

大曲花火大会 交通規制

花火大会ですから交通規制は当たり前です。大曲花火大会は朝から交通規制があるので車での旅行は避けましょう。また。親切なことに時間帯ごとに規制内容や状況をHPで教えてくれるそうです。

日本の打ち上げ花火

簡単に言うと火薬が詰まった玉が爆発しているんですよね。大規模な花火大会は当然ながら距離を置いて眺めるのが最高で、線香花火のような小さな花火は庭先で手元でするのが最高!どちらも日本の風情を感じられる不思議なものですよね♪線香花火のような家庭でする花火をおもちゃ花火って言うんですって!初めて知りました。日本では昔から河川で打ち上げていたので、東西南北どこから見ても変わらない観賞を追及していたのに対して、ヨーロッパなどでは昔、貴族が宮殿などの裏から打ち上げていたので、日本のような形や発光をする必要がなかったんですって〜。だから、日本の花火師の技術は最高って言われるんですね!見るだけでなく調べてみると凄く勉強になりますよね。日本人って凄い♪

ご家庭でも風情ある花火を楽しみましょう♪



大曲花火大会@夏休みマイ桟敷席
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。